マッチングアプリ

【諦めるな】マッチングアプリで彼氏ができない19の理由と8つの対処法

こんな悩みを持つあなた向けの記事

悩み
マッチングアプリで彼氏がほしいけどできない。
悩み
友達はできたのに、どうして私は彼氏ができないの?
悩み
彼氏をアプリで作るコツを知りたい!

このような悩みを解決します。

 

本記事を読み終えると「マッチングアプリで彼氏ができないあるあると対処法」についてわかります。

マッチングアプリ歴3年の私が、ポイントを紹介します。

 

目次

マッチングアプリで彼氏ができない頻出19つの理由

マッチングアプリを使ったけど彼氏がうまくできない.。

アプリは新しい出会い方なので、うまくいかないのも無理はありません。

しかし有効活用できれば、かなりの確率で彼氏が作れます。

 

「友達は彼氏ができたと言っていたのになんで私はうまくいかないんだろう。」

 

マッチングアプリは職場や大学など他の恋愛と違う出会いの形です。

そのためアプリで彼氏ができない人には、共通の特徴があります。

具体的に19個、彼氏ができない理由を紹介します。

 

 

①:連絡が続かない

マッチングアプリは連絡が長続きしないと、恋愛に発展しません。

特に顔写真やスペックで男性を選ぶと、趣味や話が合わないので会話が膨らみにくいです。

マッチングアプリは初見でメッセージをしなければいけません。

 

 

また会った後も、面と向かっての会話は初めてなので話題が出ないこともあります。

そのため共通点が少ないと会話が続かずに自然消滅する可能性が高いです。

【簡単】マッチングアプリで既読無視されない話題12選と考え方

 

 

②:1対1の出会いに抵抗がある

メッセージを続けると、どこかでデートに誘われます。

しかしマッチングアプリでデートすることに抵抗を持つ女性もいます。

出会う前にメッセージで相手をしっかりと知れば、信頼できるかもしれません。

しかしいざデートの約束が決まると、「会いたくない。」と不安を持つ女性もいるでしょう。

 

 

私も初めて会ったときは心臓がバクバクして、怖かったのを覚えています。

男の私でこの怖さなので、女性の怖さは相当でしょう。

特にアプリの女性は人気で男性からガツガツされて、「すぐに会おう」と言われやすいです。

ガツガツ系の男性を怖いと思った経験は少なからずありますよね。

【断り方】マッチングアプリですぐ会おうとする人の6心理と対処法3選

 

 

③:条件を絞りすぎ

マッチングアプリは1,000万人から探せるため、理想の条件に合う男性を探そうとします。

しかし条件を絞りすぎると出会える数が少なくなり、高スペック男性は女性を吟味するためマッチングが厳しくなります。

実際に会ったりメッセージで相手の魅力や良い所に気付くこともあります。

そのためで話す前から条件を絞り過ぎるのはやめましょう。

 

 

条件が良い人でも会ったら「メッセージと印象が違う。」「ヤバそうな雰囲気がある。」とギャップがあるのはよくある話です。

会ってから判断することは、意外に大切です。

メッセージだけでなく男性を会って判断することを意識するといいかもしれません。

 

 

④:予定が空かずデートができない

仕事や趣味で、会える時間帯が平日の夜・休日だけになる人も多いです。

メッセージを続けてもデートができないと、彼氏を作る出会いのチャンスを逃します。

メッセージは通勤や寝る前のスキマ時間でOKです。

 

 

しかし会うには場所や日程を決めて、お互いに合わせる必要があるためハードルがぐっと上がります。

特にインドア派で「平日の夜に会いたくない。」「休日は1日だけしかアポに使えない。」人は注意です。

メッセージ数は多いかもしれませんが、デートが難しくなり出会いから遠ざかります。

 

 

⑤:初対面で印象を決める

初デートで相手がどんな人かを判断するのは難しいです。

しかし初対面で相手の悪いところが見えると、「この人はない」と決めてちゃうのが人です。

知らない人に会うからこそ、慎重になる気持ちもあるでしょう。

しかしせっかく勇気を出してマッチングアプリを始めたのに、慎重になりすぎて彼氏ができなかったら無意味です。

嫌なところがあっても気になるところがあるのなら、もう一度デートして再確認すると印象がハッキリします。

 

 

⑥:同時進行をいつまで続ける

女性はマッチングアプリで多くの男性からアプローチされます。

中には好条件で「どちらか選べない!」と悩みできます。

結果として、最終的に1人に絞れず告白をされてもOKを出さずに保留にします。

しかしずっと保留だと男性は「いつまで待たせるんだ。脈なしだし次行こう。」とあなたに興味をなくします。

もし同時進行で決められないときは、思い切って1人に決めてやりとりするのも方法です。

 

 

⑦:積極的にアプローチしない

「積極的にアプローチはしにくい。」

「恋愛で女性はアプローチをするべきではない。」

女性の中には、積極的に動かない人もいるはずです。

職場や大学の恋愛は、奥手でもガンガン誘いを受けます。

 

 

マッチングアプリも同様に誘いはあります。

しかしマッチングアプリでアプローチをする男性が、理想のタイプである可能性は低いです。

アプリは多くの人を見られるため、男女とも理想の人にアプローチをする傾向があります。

 

 

  • 非モテ→準モテ
  • 準モテ→モテ
  • モテ→モテ

アプローチする人とアプローチされる人の関係のイメージです。

アプローチをする人は「相手を理想の人」だからいいねするため、あなたの理想はほぼいません。

そのため女性も積極的に行かないと、アプリでは理想の彼氏は見つけられません。

いつも受け身の場合、いざあなたの理想を見つけてもアプローチできないので彼氏にしにくいです。

 

 

⑧:プロフィールをしっかり書いていない

マッチングアプリのプロフィールは就活で言うエントリーシートです。

プロフィール情報は「私はこういう人です。」と相手へのアピールになるため重要です。

項目を適当に書いたり、埋めない女性は厳しい戦いになります。

女性は無料のため「適当に書いても大丈夫。」と思われる方もいるかもしれません。

 

 

しかし、適当なプロフィールは男性から興味を持たれません。

あなたは男性の何を見て興味を持ったでしょうか?

趣味や顔写真。プロフィール項目で判断したはずです。

男性も女性をプロフィールで判断するため、しっかりと書きましょう。

またプロフィール文を詳しく書くと、共通点や趣味で話題が作りやすくなります。

【初心者女性向け】マッチングアプリで失敗せず会うまでのコツ4選

 

 

⑨:過度な写真加工

プロフィール写真は男性が一番気にすることです。

なぜなら男性は顔と体型を重視するためです。

女性はプロフィール写真を加工する人が約7割います。

写真加工をしすぎな人は実際に多いです。

 

 

写真加工しすぎると、マッチングやメッセージは続きやすくなります。

しかし会ったときに「顔写真と違う。」「写真詐欺。」と思われます。

結果2回目のデートや交際確率は写真を盛らなかったときよりも低いです。

 

 

⑩:ネガティブ要素が書いてある

プロフィールにネイティブなことを書くのはやめましょう。

なぜならネガティブなことよりもポジティブなことを書いてある人と「一緒にいたい。」と誰でも思うためです。

ネガティブな発言が目立つ人には、男女問わず良いイメージを持ちませんよね。

 

 

「こんな私ですが」

「マッチングアプリに抵抗はありますが」

自己紹介やメッセージで来ても、「一緒にいたい印象」を受けません。

そのためネガティブなことは書かないでください。

【攻略法】マッチングアプリでうまくいかない女性の特徴5つと対策

 

 

⑪:メッセージを返す頻度が遅い

メッセージを返す頻度が、遅い女性を待つ男性はアプリにいません。

なぜなら男性も同時進行するためです。

何日しても連絡がないときは「この人は俺に興味がないんだな。」と誰でも気づきます。

そのため面倒だからで、何日も空けて返信をする女性に彼氏はできません。

マメな連絡をする男性がモテるように、女性もマメな連絡が彼氏を作る近道です。

マッチングアプリで返信が遅いと男性はどう感じるのか?【駆け引きNG】

 

 

⑫:初回デート費用「男性が奢る」

プロフィール項目で初回デート費用の項目があります。

「男性が全額奢る」にする女性いませんか?

「全額奢る」や「男性が多めに出す」は良い印象を持たれません。

なぜならプライドの高さが見えるためです。

 

 

男性が多く出すのは当たり前でしょ?

ほとんどの男性は、気があるなら多めに払うか全額奢ってくれます。

それなのにあなたから書くことで、「私に対して全額おごれよ。」と高飛車に見えます。

メッセージや口頭でそれとなく言えばOKなので、最初の印象になるプロフィール項目に書く必要はありません。

 

 

「折半」「話し合いで決める」にしましょう。

「初デートで男性に絶対に奢ってほしい」

思っていてもメッセージや口頭でそれとなく伝えて奢ってもらうのが、彼氏を作る賢い方法です。

 

 

⑬:使うマッチングアプリが合っていない

利用者や使う目的がアプリごとに違います。

例えばTinderというアプリがあります。

Tinderは「遊び目的」が一般的です。

もちろんTinderで恋人や結婚相手を探しても、相手は遊び目的なのでうまくいきません。

アプリごとに異なる特徴があるため、あなたに合うマッチングアプリを選ぶ必要があります。

 

 

⑭:結婚願望を出しすぎる

結婚願望を出しすぎると重く見られがちです。

「結婚を前提としたお付き合いをしたいです。」

「結婚相手を探しています。」

プロフィールやひとことに書いている人はいませんか?

しかし最初から結婚の話は出さない方が良いです。

 

 

なぜなら恋活アプリや、恋活も兼用の婚活アプリでは相手が結婚目的とは限らないためです。

特に恋活アプリで結婚を持ちだす人はよく見るので注意してください。

名前のある有名なマッチングアプリ(Pairs・Omiai)は基本、恋活メインか恋活との兼用アプリです。

相手が温度差に驚いて連絡が切れる可能性が高いです。

 

 

⑮:自分の話ばかりする

自分の話ばかりする人は敬遠されます。

なぜなら自分の話ばかりする人は、面白くないからです。

例えばアプリの男性から日常報告メッセージが送られたことはありませんか?

「私には関係ないし送ってくるな。」と思うし、超うざいじゃないですか。

 

 

同じで自分の話ばかりする人は、女性でも男性からウザいし面倒と思われます。

もちろん自分の話をすることは大切ですが、キャッチボールのやりとりが大切です。

  • 相手が質問したら聞き返す
  • 気になることを聞く
  • 話を掘り下げる

3つだけで会話のキャッチボールがうまくいきます。

 

 

いつも話を聞く男性もいます。

しかし内心は「アピールしたいなあ。」と思っているものです。

そのため相手に質問をすると「気遣いもできる女性。」と思われてより魅力的になれます。

【ペアーズ】会話が「続かない人」と「盛り上がる人」の違い【話題のコツ】

 

 

⑯:年齢差が離れすぎた男性を狙わない

30代後半以上になると、年下を狙う女性が増えます。

しかし合った年齢の相手を狙わないのも彼氏ができない原因の1つです。

女性なら50代の男性とか15歳近く年上の男性からいいねが来た経験はありませんか?

ぶっちゃけ「おっさんキモ。」「ありえない。」と思いますよね。

 

 

男性も同じことを思います。

30代後半以上になると20代の男性にいいねをする女性が結構います。

実際私も40代女性からもらった経験が数え切れないほどあります。

女性が年上すぎる男性にアプローチを受けたときと同じです。

「気持ち悪い」が正直な本音です。

 

 

年齢は大きな要素で離れすぎるとマッチングしません。

基本的には近い年齢の人にアプローチして彼氏を作るのが無難です。

 

 

⑰:マッチングアプリで彼氏を作ることに抵抗がある

マッチングアプリで彼氏を作ることに抵抗がある人もいます。

「アプリに登録して、何を言ってんの?」と思うかもしれませんが。

勇気を出してアプリを始めたけれど、ネット越しの出会いのため相手を信じられないときがあります。

 

 

  • 「本当のことを言っているのかな。」
  • 「騙されているんじゃないかな。」

疑ってかかる人は多くいます。

疑ってかかると良い相手も逃しますし、全員嘘つきに見えて彼氏はできません。

そのためネット越しで彼氏を作ることに抵抗があるなら、まずは「なぜネットで抵抗があるのか?」を掘り下げて考える必要があります。

マッチングアプリのトラブル、トップ5と対策【相談はどこにするべき?】

 

 

⑱:自称サバサバ系と言う

特徴を伝える時に「私は男っぽい」「自称サバサバ系」を伝える人は良い印象を持たれません。

なぜなら自称サバサバ系の女性は、彼氏ができにくいからです。

サバサバ系は、彼氏ができにくいと言われます。

 

 

しかし自称の人は、自分に言い訳を作っているケースがほとんどです。

言い訳を作る人はいざ彼氏を作ろうとするときも、一歩を踏み込めません。

そのため彼氏ができずに終わることが多いです。

 

 

⑲:元彼を引きずる

元彼を引きずる女性も彼氏ができません。

なぜなら元カレを引きずると元彼や歴代彼氏と比べるからです。

例えばマッチングアプリでいい感じにやりとりをしている男性がいます。

 

 

  • 「彼氏Aはイケメンだったのに」
  • 「彼氏Bは話がぴったりだったのに。」
  • 「彼氏はサプライズをしてくれたのに。」

元カレを引きずると歴代彼氏の良いところだけを集めた、存在しない人と比べてしまいます。

人は良いところも悪いところもあるので、良いところだけを集めた架空の彼氏には勝てません。

そのため元彼を引きずる人は失敗します。

 

 

マッチングアプリ彼氏ができないときの対処法8つ

彼氏を作るためにはどうすれば良いんだろう?

マッチングアプリで彼氏ができない時の対処法を紹介します。

✅マッチングアプリで彼氏ができない5つの理由

  1. 相手に求めすぎ
  2. 相手をピンポイントで狙いすぎ
  3. 自分を偽りすぎ
  4. 自分を出しすぎ
  5. ぶっきらぼうすぎ

 

 

対処法は簡単で「謙虚・丁寧・自然体」を意識して異性と接することです。

具体的な対策について紹介します。

 

①:マッチングアプリを掛け持ちする

1つ目の対処法はマッチングアプリを掛け持ちすることです。

1つのマッチングアプリで出会えない人は複数を掛け持ちしましょう。

あなたに会ったマッチングアプリを使えば、彼氏ができる可能性も高まります。

アプリごとに利用者が違うので、新しいアプリを使うほど新しい出会いも増えます。

つまり使っているアプリで出会いが少ないのなら、新しいアプリで出会いを増やして彼氏を作りやすくなります。

【初心者向け】おすすめマッチングアプリ6選【200人以上会った私が保証する】

 

 

②:プロフィールを異性ウケ重視で記入する

マッチングアプリで相手にアプローチするかを決める要素は、プロフィール文と写真だけです。

そのためプロフィールを適当に作ると、顔写真で全てを判断されます。

要するに顔写真で判断する男性としかマッチングしません。

 

 

プロフィールがなくても女性はいいねをもらえます。

しかし顔しか見ない人やヤリモク、遊び目的の男性からアプローチばかりになります。

恋人を作りたいなら、男性に見てもらうためにプロフィールをしっかりと記入しましょう。

【デート出来る】プロフィール作成18個のコツ【マッチングアプリ】

 

 

③:ハイスペだけでなく、価値観や趣味も見る

ハイスペを狙わず趣味や価値観が合う人もマッチングするようにしましょう。

なぜなら趣味や価値観が同じ人の方が、一緒にいて楽しく恋愛も長続きするためです。

「ハイスペは普段出会えないので、チャンスがあるなら。」という気持ちも分かります。

しかし結局価値観が合わない人は疲れるし、何より彼氏になっても長続きしません。

 

 

結婚相談所でもよくある話です。

ハイスペと結婚したい女性がハイスペとやりとりをするが、ハイスペが「話のレベルが会わない。」と断りを入れるケースをよく見ます。

ハイスペの人はそれだけ話のレベルが高く、付いてこれる女性を要求します。

要するにハイスペ男性は価値観が合わないと無理と知っているためです。

一方でお互いの価値観や趣味を話し合い、分かり合えれば共通の趣味や価値観を持つ人とはすてきな出会いになります。

 

 

④:マッチングアプリに入れ込み過ぎない

マッチングアプリをしばらく使うと、メッセージがたくさん来てぶっちゃけ疲れませんか?

ちなみに私は男性ですが、疲れます。

入れ込みすぎないように適度な距離感を保ちましょう。

なぜなら疲れると、考えが鈍くなりアプリを開く頻度が減るためです。

 

 

アプリを開く頻度が減ると、メッセージが続かないで良い結果が出ません。

そのためあなたの中でマッチングする人のルールを決めたり、返信する時間が決めましょう。

✅無視するルールの例

  • いきなりタメ口で話す人
  • いきなりLINEを聞いてくる人
  • いきなり遊びに誘う人

 

 

既読無視やブロックするルールを決めれば、やりとりも楽になります。

結局返信で疲れたら、本来うまくいくはずの男性とも失敗します。

そのため「合わない人」は積極的に返信しないようにしましょう。

【返信が来る】ペアーズのメッセージ頻度2選と返すべき時間3選【実証済み】

マッチングアプリですぐにLINE交換したがる男性心理と対処法とは?

 

 

⑤:プロフィール写真を盛りすぎない

プロフィール写真を加工しすぎるとマッチングはしやすくなります。

しかし会った後に「写真詐欺!」と思われて相手をがっかりさせ、交際できません。

そのため彼氏がほしいならナチュラル加工に抑えるべきです。

鏡の自分と比べて、明らかに加工を入れすぎていないか確認しましょう。

加工を入れすぎかわからないなら、友達に聞いてみるのもおすすめです。

【定石】マッチングアプリで顔写真加工を見抜く10のコツ【知らないと損】

 

 

⑥:付き合う前に結婚の話をしない

付き合う前から結婚の話をするのはNGです。

結婚をしたい気持ちは分かります。

もちろん相手が結婚目的でアプリを始めた男性ならOKです。

 

 

しかし恋愛目的の人もいるアプリでいきなり結婚の話題をされても「重すぎ。やめよう。」と思われるだけです。

恋活や婚活と恋活兼用のマッチングアプリは、「とりあえず」の軽い気持ちで始める人が多くいます。

恋愛観を聞くのはOKですが、結婚について付き合う前に聞くと重すぎるので交際後にしましょう。

 

 

⑦:できるだけ気になる人には会う

合わなくてもプロフィールやメッセージで相手がどんな人かは確かに想像できます。

しかし会ったときの印象とメッセージの印象が違う人も多くいます。

 

 

メッセージは相手の雰囲気や身振り手振りなど、非言語情報がわかりません。

そのためメッセージよりも相手をよく知れます。

もし合わないと分かったら、既読無視をすればいいだけです。

本当に彼氏を作りたいのであれば、気になる人にはとりあえず会ってみるのも1つの方法です。

【例文】マッチングアプリの初デート後LINE、コツ6選

 

 

⑧:電話をする

「とりあえず会うはハードルが高い」人もいるはずです。

会うのに少し抵抗がある人にオススメなのが、とりあえず電話をすることです。

今ならマッチングアプリに通話機能があるので、LINE交換をせずに電話できます。

 

 

通話の良い点は、メッセージよりも雰囲気がわかることです。

通話を使うと言葉の抑揚や話し方までわかるので、メッセージよりも相手のイメージをガツンと持てます。

 

 

それにメッセージはぶっちゃけ面倒じゃないですか?

メッセージのやりとりは電話なら5分ぐらいで終わるような薄さです。

そのため相手を事前に知るための通話は、最強です。

もし会うハードルが高いなら、電話をしてから雰囲気が合いそうなら会う方法がおすすめです。

【秘蔵】マッチングアプリの電話で緊張を無くす魔法の一言!

 

 

マッチングアプリで彼氏ができない理由と対処法のまとめ

 

ポイント

「謙虚・丁寧・自然体」を意識して異性と接する。

 

マッチングアプリでうまく行かない理由をより詳しく知りたい方は、【攻略法】マッチングアプリでうまくいかない女性の特徴5つと対策を参考にしてくださいね。

関連記事

  • この記事を書いた人

ひろと

「有名サイトと書いてあることが違う。」
アプリを初めて知った現実
本質情報を発信する情報サイトです

誰かの参考になれば嬉しいなと思って始めました
悩みは「カラオケで60点代」です

-マッチングアプリ
-,

© 2020 マッチングアプリ完全攻略TV