マッチングアプリ

マッチングアプリでうまくいかない男性の理由と解決策

こんな悩みを持ったあなた向けの記事

悩み
どうしてマッチングしない?
悩み
なぜか既読スルー。
悩み
どうしても付き合えない

このような悩みを解決します。

 

本記事では「マッチングアプリでうまくいかない男性の解決策」を紹介します。

 

✅執筆者紹介:ひろと(@nepu_nosuke)

  • アプリ3年目(ペアーズ、with、Tinderなど)
  • 恋人を4回作った経験あり(体験をもとに説明)
  • もとは異性と地面を見ながら話す(誰でも再現できる方法)

3年アプリを使用して失敗に詳しい私が、リアルな情報を徹底解説します!

 

マッチングアプリでうまくいかない男性の理由と解決策

うまくいかない男性は、5つのどれかに当てはまります。

うまくいかない場所で解決策は違います。

それぞれ詳しく紹介します。

 

 

うまくいかない男性はマッチングしない

マッチングしない男性は2つが原因です。

マッチング前はこれしか見られません。

 

 

男性がいいねした後は下記で進みます。

  • 「恋人にあり」→マッチングする
  • 「恋人になし」→マッチングしない

そのため写真と自己紹介を変えましょう。

 

 

たろう
考えるの面倒だよ。

コピペで使えるように具体的に紹介します。

 

写真

写真は自己紹介よりマッチングに影響します。

なぜなら全ての画面で表示されるためです。

下記をご覧ください。

ペアーズの例です。

マッチングアプリ顔写真を載せたくない!写真なしで会う男女別のコツ

 

 

足あとや検索画面でも写真が表示されますよね。

自己紹介は表示されていません。

そのため写真は第一に改善すべきです。

 

 

「写真をどう直せばいいの?」

具体的に写真を良くする方法は3つです。

  1. 持っている写真から選ぶ
  2. 他撮り風の自撮りをする
  3. プロに頼む

 

 

まずは持っている写真を確認しましょう。

使えそうな写真が合っても自分で決めない方が良いです。

なぜなら客観的な意見が必要なためです。

友達に「この中に異性ウケ良さそうな写真ある?」と聞きましょう。

 

 

もし写真がないなら自撮りです。

他撮り風に自撮りすれば減点されません。

具体的な撮り方と写真例は下記をご覧ください。

【必見】友達がいなくても1人で写真を用意するコツ3選

 

 

最終手段はプロに頼むことです。

「写真選びがめんどくさい。」

「自分で撮るのも手間。」

これならプロ一択です。

 

 

写真構図や場所も全てプロが設定してくれます。

悩む心配はありません。

私もアプリを始めた頃に撮ってもらいました。

不安もありましたがマッチング率が数倍になるほど効果的です。

 

 

「プロは大げさじゃない?」と思ったでしょう。

しかしプロの写真は、アプリで普通です。

テレビでアプリ特集されたときも写真のプロが紹介されました。

 

 

ちなみに紹介された写真のプロはフォトジョイさんです。

ペアーズやwithとも提携するアプリ専門の写真家です。

個人の写真家とはレベルが違います。

5,000円前後かかりますが、必要経費と思って依頼しましょう。

【体験談】マッチングアプリの写真はプロに依頼すべき絶対的な理由

ひろと
私もフォトジョイで撮ってもらいました。

Photojoyの公式サイトを見る

 

 

自己紹介

自己紹介はいいねが多い男性を真似すればOKです。

なぜならいいねが多い男性の自己紹介は、女性ウケするからです。

ぶっちゃけ自己紹介は書くのが面倒ですよね?

人気男性の例文を真似しましょう。

詳しい例文はこちらです。

【男性向け】マッチングアプリのプロフィール例文・書き方【いいね倍増の自己紹介】

 

 

うまくいかない男性はメッセージが続かない

メッセージが続かない理由は2つです。

 

メッセージを続けすぎ

メッセージを続けすぎると話題がなくなります。

「話題がないな。」

「ある程度話して、会話ネタが切れた。」

悩むこともありますよね。

 

 

会うまでの平均期間は2週間です。

日程調整もあるので、マッチング後1週間で誘えばOKです。

メッセージを続けすぎる人は、1週間でデートに誘いましょう。

マッチングアプリ会うまでに知ること【期間・頻度・やりとり】

 

 

話題がダメ

アプリで会うまでに使う話題は3つだけです。

  1. 共通点
  2. 趣味
  3. 食べ物(デートに誘うとき)

これ以外の話題はいりません。

 

 

休日の過ごし方や日常的な会話は、印象が最悪です。

メッセージの目的は「デートの約束」です。

仲を深めることではありません。

具体的な例文はこちらをご覧ください。

【例文】メッセージに使える話題・内容がない!マッチングアプリのコツ

 

 

うまくいかない男性は初デートできない

初デートできない男性の原因は2つです。

 

誘い方

初デートがOKされないときは誘い方の問題が大きいです。

  1. ストレートに誘う
  2. 食の話題から誘う
  3. 共通点から誘う

ストレートに誘いましょう。

なぜならストレートは例文コピペで使えるためです。

 

 

他の話題は食べ物の話題を出したり、前フリが必要です。

しかしストレートなら「〇〇さんが気になるので会いませんか?」だけです。

そのためうまくいかない男性ほどストレートに誘うべきです。

マッチングアプリのデートできる誘い方まとめ【例文網羅】

 

 

約束後〜会うまでのLINE

デートの約束はできて、会えない人はラインが原因です。

「デートできるぞ。」

「会う約束が成功した!」

気が抜ける男性がいます。

結果メッセージで余計なことを話して足切りです。

 

 

デートの約束後でもブロックされます。

約束ができて話題がないならメッセージは不要です。

数日前にリマインドすれば足ります。

 

 

「最近仕事で〜」

「お疲れ様!今日、会社で〜」

こういうLINEはNGです。

マッチングアプリのLINE交換後〜デートの進め方【コツ】

 

 

うまくいかない男性は2回目デートできない

2回目に続かない原因は「アプリとのギャップ」です。

  1. 顔写真
  2. アプリと現実の雰囲気

相手はアプリの写真と雰囲気であなたが来ると思っています。

もし違う印象ならがっかりしますよね。

 

 

対策は事前に電話することです。

  1. 会話の波長
  2. 声のトーン
  3. 雰囲気

電話は会ったときに近い印象を知れます。

そのため事前に電話すると「会ったら印象が違う。」を防げます。

マッチングアプリで電話・通話を使うべきか?【誘い方、話題、電話後】

 

 

うまくいかない男性は告白タイミングが悪い

告白で失敗する理由は2つです。

  1. 脈ありサイン
  2. デート回数

告白はデート回数で決まりません。

 

 

何回目でもお互いに「付き合いたい。」と思えば成功します。

失敗するのは、相手の心理を客観的に見れていないからです。

まずは相手の脈ありサインを確認しましょう。

  • 化粧直しが多い
  • 事前に告白を匂わせる
  • 相手も積極的にデートしたがる

【網羅】状況別脈あり・脈なしサイン計40選【マッチングアプリ】

 

 

また一般的に告白は3回目と言われます。

ぶっちゃけ回数は無関係です。

 

 

しかしうまくいかない男性は3回目に告白でOKです

女性が「告白されるかも。」と気持ちの準備ができるためです。

2回目に告白するときは、事前に告白を匂わせる必要があります。

マッチングアプリで告白に失敗しない全情報まとめ

 

 

マッチングアプリでうまくいかない男のまとめ

結論

本記事では、マッチングアプリでうまくいかない男を、解説しました。

重要なポイントをおさらいすると下記のとおりです。

 

ポイント

  1. 段階別に必要な対応は違う
  2. 例文のコピペや書いてある通りに試す
  3. アプリは数打ちなので100%成功はイケメンでも無理

 

男性はアプリの登録者が女性に比べて多いです。

そのため「ありのまま交際」は難しくなります。

つまずいた部分に合わせて対応するのがコツです。

 

マッチングアプリLINE(ライン)交換の全情報まとめ
マッチングアプリLINE(ライン)交換の全情報まとめ
【結局顔?】ブサイクがマッチングアプリで恋人を作る戦略3選と前提
【結局顔?】ブス・ブサイクがマッチングアプリで恋人を作る方法3つ

関連記事

  • この記事を書いた人

ひろと

「有名サイトと書いてあることが違う。」
アプリを初めて知った現実
本質情報を発信する情報サイトです

誰かの参考になれば嬉しいなと思って始めました
悩みは「カラオケで60点代」です

-マッチングアプリ
-,

© 2021 マッチおーる