マッチングアプリ

【必見】友達がいなくても1人で写真を用意するコツ3選【マッチングアプリ】

マッチングアプリの写真を友達なしで用意する方法を知りたいですか?

 

この記事では「マッチングアプリの写真を1人で用意する方法」を知れます。

 

記事を読み終えると「友達がいない人でもアプリの写真」を用意できます。

 

1人で用意する方法3選→詳しい解説/具体例の順番で解説します。

 

1人で写真を用意する方法3選

マッチングアプリで友達がいなくても写真を用意する3つのコツ

マッチングアプリで友達がいなくても写真を用意する方法は3つです。

 

ポイント

  1. 持っている写真を再確認
  2. 自撮りで写真を撮る
  3. プロに依頼

簡単に準備できる方法から順番に紹介します。

 

持っている写真の再確認

まずはあなたが持っている写真を再確認しましょう。

 

再確認して実は使える写真の例は、2つです。

  1. 複数人で撮った写真(会社/学生時代)
  2. 幼少期の写真

 

トップ写真として使えるのは複数人で撮った写真なのでこちらの注意点と使用メリットを紹介します。

 

幼少期の写真はサブ写真向けです!

 

複数人の写真

会社の飲み会や社員旅行で撮った写真や大学の旅行/家族旅行など複数人で撮った写真は持っている人も多いはずです。

 

「アプリの写真はあなただけの映った写真を使う」と勘違いされますが、複数人で撮った写真も使えます

 

友達にはモザイクやスタンプで顔を隠しましょう。

 

 

なぜなら複数人で撮った写真はあなた以外を隠さないと、どれがあなたかわかりません。

 

アプリの写真は、あなたがどんな雰囲気の人かを相手に伝えるため第一印象に直結します。

 

あなた以外の顔を消さないと「どれがあなたかわからないしやめてよう。」と思われマッチングを逃します。

 

必ずあなたがどれなのかを分かるようにしましょう!

 

誰かと一緒に映った写真だと楽しそうな雰囲気もでて好印象です!

 

自撮りをする

自撮りをする

写真フォルダに使える写真がないときは、自撮りをしましょう。

 

自撮りは辞めたほうがいいって聞くよ?

 

自撮りを辞めたほうがいい理由は「ナルシスト」みたいに映ってしまう写真があるためです。

 

 

確かに駅のトイレや鏡の前で決め顔を作り自撮りをした写真では確かにナルシストな人になり痛く思われます。

 

しかしナルシストにならない自撮りのコツさえ知っていれば、自撮りでも好印象でマッチングします。

 

それに最近のスマホなら他撮り風にも撮れるよ!

 

ここからは具体的にどのように自撮りで写真を撮るか紹介します。

 

自撮りは外

自撮りは外でしましょう。

 

外で自撮りをすると、部屋やトイレで自撮りをするときに比べてメリットが2つあります。

 

ポイント

  1. 自然光で明るい写真
  2. 外出したから撮った他撮り感

 

外で撮った写真は太陽などの自然光で明るい雰囲気になります。

 

暗い雰囲気の写真だと「人怖そう。」「近寄りにくい」とネガティブな印象になりマッチングしにくいです。

 

その点、外で撮ると明るく親しみやすい写真にできます。

 

 

また外での写真は他撮りっぽさも出せます。

 

室内やトイレ前の鏡で自撮りをするとナルシストの印象を与えます。

 

あなたがイメージする駄目な自撮りです!

 

自撮りしやすい場所

自撮りしやすい場所は、景色のいい場所(海)や公園、おしゃれなお店の前です。

 

イメージとして画像をいくつか出します。

マッチングアプリで外で撮る写真

自撮りを外でするときのコツはメインをあなた+背景にすることです。

 

インパクトのある背景やきれいな風景を使うことで自撮りのナルシストっぽさがなくなります。

 

外で自撮りってハードル高い・・・

 

外で自撮りが怖いへの解決策

外で写真を撮るのが恥ずかしい人もいるでしょう。

 

撮ろうとした周りが言ってもいない幻聴が聞こえますよね。

「あの人何を撮ってるの?(コソコソ)」
「盗み撮り?(ヒソヒソ)」

 

 

自信がない人、普段外で写真を撮らない人には怖いかもしれません。

 

私も外で写真は恥ずかしい人です。
ひろと

 

 

結局のところ筆者を含め周りの目を気にしすぎ、自意識過剰すぎなだけです。

 

あなたが思っている以上に人は周りを見ていません。

 

昨日街や道路ですれ違った人が何をしていたか覚えていません。

 

変な踊りしてたり奇行していたら別ですが笑

 

室内で自撮りするとき

外での撮影が無理・めんどくさいときは室内で撮りましょう!

 

室内で自撮りをするときのポイントは2つです。

 

ポイント

  1. 日中に撮影
  2. 笑顔で撮る

 

 

日中に撮影することで明るい写真を撮影できます。

 

やはり室内の照明だけでは、明るさが足りずに暗い写真になり印象が悪いです。

 

 

また室内で撮るときは真顔になりやすいので笑顔も大切です。

 

真顔だと第一印象で怖い・暗い印象になりマッチングしにくくなります。

 

 

撮り方の具体的に室内の写真は、ご飯風景を使うと好印象に撮れます。

 

ご飯やお酒をテーブルに載せて、食事中を演出しましょう。

 

マッチングアプリで自撮りをするときのコツ

 

 

男性は女性ウケのいいスーツ姿で撮るのもおすすめです。

 

撮影時はスマホを立て掛けて写真を撮るか、自撮り棒を使いましょう。

 

撮れれば何でもOKです!
ひろと

 

プロに依頼

マッチングアプリのプロに依頼

自撮りの準備もしたくないときはプロに依頼する方法もあります。

 

プロの撮影なので自撮りよりもいい写真に仕上がります。

 

プロなんて仰々しいと思うかもしれませんが、早くゴールしたい人が使える近道みたいなものです。

 

 

プロの中でもマッチングアプリを専門としたオンリーワンのサービスを提供しているプロもいます。

 

それがフォトジョイさんです。

 

ポイント

  1. 業界唯一のアプリに特化
  2. Pairsやwithなどと連携
  3. マッチングしやすい写真にコミット

 

 

もちろんプロに頼むときには、デメリットもあります。

 

注意

撮影料が高い

 

撮影料が高く1番安いプランで6,600円します。

 

これは男性会員の月額費約2ヶ月分に相当するので、大きな出費です。

 

本当に写真がないときは頼んだ方がゴールまで早いので安かったりします。

 

フォトジョイ公式ページをチェック

 

写真なしで会う3つのコツ

マッチングアプリで写真なしは会えるか

写真がなくても会えるのがマッチングアプリです。

 

ただし写真がないといいねやマッチング率は下がり、好みの相手とマッチングできません。

 

写真無しで会うためのポイントは3つです。

 

ポイント

  1. 詳しいプロフィール文
  2. 顔写真ではない写真を乗せる

 

 

プロフィールを充実させることで、顔写真がなくてもマッチングはできます。

 

しかし男性の場合はプロフィールを仕上げないと、マッチング率が下がるので注意してください。

 

年齢が上がるほど顔写真が無いと厳しいです。

 

【結論】友達がいなくても写真を用意

友達がいないときでも用意できる写真は3パターン

1人で写真を用意する方法は3つでした。

 

ポイント

  1. 持っている写真を再確認
  2. 自撮りで写真を撮る
  3. プロに依頼

 

手軽にできる順番で上から紹介しました。

 

ぜひこのページの友達なしでも写真を撮る方法、1人でも写真を撮る方法を参考にしてください。

 

 

また写真が用意できてもマッチングしない人はこちらの辛口記事を確認してください。

【簡単】マッチングしない理由は結局顔。すぐできる外見磨きを紹介
【簡単】マッチングしない理由は結局顔。すぐできる外見磨きを紹介

関連記事

  • この記事を書いた人

ひろと

「有名サイトと書いてあることが違う。」
アプリを初めて知った現実
本質情報を発信する情報サイトです

誰かの参考になれば嬉しいなと思って始めました
悩みは「カラオケで60点代」です

-マッチングアプリ
-

© 2020 マッチングアプリ完全攻略TV