マッチングアプリ

マッチングアプリが難しいのは基本知識が足りていないから

こんな悩みを持ったあなた向けの記事

悩み
アプリは難しいすぎる。
悩み
なぜ難しいの?
悩み
対処法を知りたい。

このような悩みを解決します。

 

本記事では「マッチングアプリは難しい理由」を紹介します。

 

✅執筆者紹介:ひろと(@nepu_nosuke)

  • アプリ3年目(ペアーズ、with、Tinderなど)
  • 恋人を4回作った経験あり(体験をもとに説明)
  • もとは異性と地面を見ながら話す(誰でも再現できる方法)

3年アプリを使用している私が、難しいと感じるを徹底解説します!

 

マッチングアプリが難しいのは基本知識が足りないから

結論から紹介します。

  1. 数打ちの「数」をわかっていない
  2. アプリでは「普通」のことを知らない
  3. 事前知識とのギャップが原因

 

 

最も多いのが数打ちを甘く見ている人です。

  • いいね→1,000人
  • マッチング→100人
  • 会える→10人
  • 恋人→1人

およそこの程度の数打ちが必要です。

 

 

男性
多すぎじゃない?

思った人もいるでしょう。

しかし事前に調べれていれば出ます。

 

 

アプリは相談所や街コンと違い多くの相手を見られます。

複数人とやりとりが基本です。

そのためマッチング後のやりとりなどもスルーが多くあります。

 

 

女性
アプリで普通のことって?

  1. マッチング=会えるでない
  2. アプリは普通恋愛と変わらない
  3. 失敗→改善が基本

3つはアプリで普通です。

 

 

しかし難しいと思う人は勘違いしています。

男性
LINE交換を4人したけど会えない。

たった4人だけですか?

 

 

男性
盛り上がったのに切れる。

というか相手は盛り上がってないだけですよね。

そもそものコミュ力の問題です。

しっかりとしたアプリの知識を押さえましょう。

 

 

マッチングアプリが難しい具体的な原因

難しいと感じる具体的な原因を紹介します。

 

①:女性はいいねしない

女性はいいねしません。

なぜなら待ちでもいいねが来るためです。

 

 

アプリごとの男女比を紹介します。

  • ペアーズ→7:3
  • Omiai→7:3
  • タップル→7:3
  • with→6:4

 

 

恋活アプリは男性が圧倒的に多いです。

そのため女性は待っているだけいいねがバンバン来ます。

 

 

その証拠に平均いいね数も男女で違います。

  • 男性→30前後
  • 女性→150前後

【調査】Omiaiの平均いいね数は男性19、女性108【マッチングを増やすコツ5選付き】

 

 

このように男女格差があるため女性はいいねしません。

もしいいねをするにしても一味違う男にします。

  • 高収入
  • 高身長
  • イケメン

 

 

「アプリ難しいわ。」と感じるレベルの男性に女性はいいねしません。

この前提を押さえてください。

 

 

②:目的に合っていない

次に目的に合わないアプリの利用です。

アプリごとに利用目的は違います。

  • 恋人目的
  • 婚活目的
  • デート・遊び目的

 

 

違う目的のアプリは出会えません。

例えるならサッカーボールで野球するようなものです。

 

恋活なら登録者No1のペアーズ

遊び目的ならTinder

婚活するなら成婚実績No1のユーブライド

【最新】マッチングアプリおすすめ人気ランキング10選【目的別】

 

 

③:続かないメッセージはつまらない

男性
盛り上がったのに続かない。

こう考える人もいます。

しかし続かないのは相手が「つまらない。」と感じています。

 

 

あなたがどう感じるかではなく、相手がどう感じたかです。

つまり話題やメッセージを直さない限り、永遠に繰り返します。

 

 

  • 仕事の話題
  • 休日の話題
  • 日常会話

アプリで使われがちです。

しかし全て不要です。

マッチングアプリでメッセージのコツは意外と単純

 

 

④:メッセージ→デートは10%

  • メッセージ→100人
  • 会える→10人

上でも紹介しました。

あくまで目安ですが、こんなものです。

 

 

メッセージが続かないのが普通です。

アプリはスルーでいちいち落ち込んでいたらきりがありません。

同時進行でとにかく数打ちです。

マッチングアプリ同時進行はいつまでOK?平均何人?

 

 

⑤:LINE交換後もスルーはある

男性
LINE交換したのにスルーされた。

LINE交換後のスルーもあります。

普通のことです。

 

 

  • LINEで減点された
  • 他に良い人がいた
  • 相性が悪い(つまらない)

理由はいくらでも考えられます。

 

 

「LINE交換=会える」と考えていた人には残念でしょう。

しかしアプリでは普通です。

マッチングアプリでLINE交換後に来なくなった・続かない理由6つ【途切れた】

 

 

⑥:初デート後にブロックもある

初デート後にブロックもあります。

理由はアプリと現実のギャップです。

  • 顔写真
  • 雰囲気
  • 会話の波長

 

 

アプリと印象が変わると、恋人になしとなります。

なしならスルーです。

2回目デートできません。

初デートできたからといって安心してはいけません。

【簡単】マッチングアプリで会った後に連絡がない理由

 

 

⑦:普通恋愛+メッセージ力が必要

アプリは普通恋愛に+αの要素が求められます。

それがメッセージ力、つまりコミュ力です。

 

 

  • 初対面からメッセージ
  • 友人や知人の縛りなし

2つの理由でやりとりの重要度が大きいです。

 

 

友達の紹介やリアルの出会いは周りの縛り(評判・体裁)があります。

そのためスルーはされにくいです。

 

 

しかしアプリはスルーしてもデメリット0です。

少しでも「嫌だわ。」と感じればスルーします。

そのためコミュ力が必要です。

ひろと
恋愛経験があって失敗する人は周囲の縛りで成功してただけ。

【例文】メッセージに使える話題・内容がない!マッチングアプリのコツ

 

 

マッチングアプリが難しいときの対処法

結論から紹介します。

  • 平均の数打ち
  • 失敗→改善の繰り返し

 

 

まず上で紹介した数打ちをしてください。

恋人ができるまでの平均は4ヶ月です。

 

 

「難しい。」という人は1,2ヶ月しか使わず文句を言います。

うまくいかなくて当然です。

まずは平均的な数をこなすのが前提です。

ひろと
数をこなしてない人が多すぎ。

 

 

次に失敗→改善の繰り返しです。

具体的にうまくいかない場所を修正します。

  • マッチングしない→顔写真・自己紹介
  • デートできない→メッセージ・誘う期間
  • 2回目デートできない→アプリとのギャップ

 

 

これらの改善が必須です。

以上を踏まえて具体的に4つ紹介します。

 

①:顔写真

顔写真はマッチングに最も影響します。

30代前半までなら自己紹介よりも大切です。

適当に撮った写真では通用しません。

 

 

  • 恋人感のある写真
  • 異性が撮った写真
  • インスタ映えする写真

この辺でなければ現在のアプリは太刀打ちできません。

 

 

まずは写真を友人に撮ってもらいましょう。

なければ思い切ってプロに頼んでください。

4,000円前後しますが、1枚で使い回せます。

 

 

頼まない方が恋人ができるまで時間がかかります。

結果損になるため、100%写真はプロに頼むべきです。

【体験談】マッチングアプリの写真はプロに依頼すべき絶対的な理由

 

 

②:自己紹介

自己紹介はアプリのテンプレを使ってはいけません。

登録したときにアプリからテンプレをおすすめされたはずです。

しかしそれではダメです。

 

 

同じ自己紹介が大量にあるため気持ち悪いです。

自己紹介はいいねが多い人を真似しましょう。

いいねが多いのは、異性ウケするからです。

 

③:メッセージのテンプレ化

数打ちが基本なので、メッセージは一部テンプレ化します。

  • 最初の1通目
  • デートの誘い方
  • LINE交換

 

 

簡単にテンプレ化して使えます。

スマホの辞書登録機能に追加しましょう。

面倒を防げます。

 

 

ちなみにメッセージで使う話題は3つだけです。

  • 共通点
  • 相手の趣味
  • 食の話題(デートに誘うとき)

他の話題は不要です。

 

 

④:電話

電話を使いましょう。

会えない人ほど電話を使うべきです。

デートできない人はメッセージで足切りされています。

 

 

メッセージは難しいです。

  • 初対面で会話が限られる
  • 加点が狙えない
  • 他の人と同じ話題になる

すぐに減点されて足切りされます。

 

 

そこで電話を使って差別化しましょう。

電話はメッセージよりも距離が縮まります。

  1. 雰囲気
  2. 声の抑揚
  3. 会話のテンポ

 

 

メッセージで知れない情報があるためです。

会ったときに近い印象を与えられます。

電話でサクッと距離を詰めてデートに誘いましょう。

マッチングアプリで電話・通話を使うべきか?【誘い方、話題、電話後】

 

 

まとめ:マッチングアプリは正しい努力×数で無理ゲーじゃない

結論

本記事では、マッチングアプリは難しいを、解説しました。

重要なポイントをおさらいすると下記のとおりです。

 

ポイント

  1. 非モテのまま愛されるは無理ゲー
  2. 数打ちの規模をわかっていない
  3. 正しい努力×数は必ず成功する

 

難しいのではなく事前知識不足です。

どの程度で恋人ができるか知っていれば、今の段階でできなくて当然とわかります。

恋人ができるまでの平均4ヶ月、まずは失敗→改善を繰り返してください。

 

マッチングアプリで付き合うまで何人に会う?【データ紹介】
【平均6.1人】マッチングアプリは付き合うまで何人と会う?|差がある

関連記事

  • この記事を書いた人

ひろと

「有名サイトと書いてあることが違う。」
アプリを初めて知った現実
本質情報を発信する情報サイトです

誰かの参考になれば嬉しいなと思って始めました
悩みは「カラオケで60点代」です

-マッチングアプリ
-

© 2021 マッチおーる