マッチングアプリ

地方・田舎でおすすめのマッチングアプリ!|田舎は意味ないの?

こんな悩みを持つあなた向けの記事

悩み
地方や田舎は出会えない?
悩み
田舎で出会うコツは?
悩み
アプリを選ぶ方法は?

このような悩みを解決します。

 

 

本記事では「マッチングアプリの地方・田舎利用」を紹介します。

 

✅執筆者紹介:ひろと(@nepu_nosuke)

  • アプリ3年目(ペアーズwithTinderなど)
  • 恋人を4回作った経験あり(体験をもとに説明)
  • もとは異性と地面を見ながら話す(誰でも再現できる方法)

3年アプリを使用している私が、地方や田舎を徹底解説します!

 

簡単な結論

  1. 地方や田舎は利用者の少ないアプリが多い
  2. アクティブ会員数が多いアプリなら会える
  3. ペアーズタップルTinderは田舎でも会いやすい

 

▼地方や田舎でも会えるアプリ

ペアーズペアーズ

無料DL

  1. 国内最大の登録者1,000万人が利用
  2. 恋活アプリの王道
  3. コミュニティで趣味の合う相手探し

 

 

地方・田舎におすすめのマッチングアプリ3つ

アプリ

男性
田舎でも会えるアプリはどれ?

先に結論から紹介します。

田舎や地方で会えるアプリは3つです。

  1. アクティブ会員数No1で地方でも安心『ペアーズ
  2. 20代ならペアーズと並んで田舎でも会える『タップル
  3. 男性無料で会えて距離検索できる『Tinder

 

①:Pairs(ペアーズ)

マッチングアプリペアーズ(Pairs)

会員数1,000万人
料金男性:〜3,590円
女性:無料
※割引キャンペーンあり
年齢層20歳〜39歳
目的恋活、(婚活)
運営株式会社エウレカ
感想最大手の王道で外さない
利用者が多いので探しやすい

ペアーズは〜30代を中心にした、恋活アプリです。

  1. 地方のアクティブ会員数がNo1
  2. 距離検索機能で事前に相手と距離がわかる
  3. ビデオ通話・通話機能がアプリ内に無料である

地方や田舎利用者ならペアーズ1択と言っても良いです。

ペアーズ

Pairs(ペアーズ)
開発:株式会社eureka
4.7

評判・口コミはコチラ>

\ 国内No1!登録者1,000万人 /

ペアーズをダウンロード

※登録無料、R-18

 

 

②:タップル

マッチングアプリタップル誕生

会員数600万人
料金男性:〜3,590円
女性:無料
※無料で使えるキャンペーンあり
年齢層18歳〜29歳
目的デート、恋活
運営株式会社サイバーエージェント
感想20代から圧倒的な人気No1アプリ
気軽な出会い〜恋人探しまでできる
20代は使わないほうが損

タップルは20代人気No1のデートアプリです。

  1. 地方のアクティブ会員数がNo2
  2. ビデオ通話・通話機能がアプリ内に無料である

距離検索はありませんが、出会いやすいアプリです。

タップル

タップル
株式会社サイバーエージェント
4.8

評判・口コミはコチラ>

\ 20代人気No1!使わないと損 /

タップルをダウンロード

※登録無料、R-18

 

 

③:Tinder

マッチングアプリtinderもオススメ

会員数非公開
料金男性:無料
女性:無料
※有料プランもあり
年齢層18歳〜29歳
目的デート、(恋活)
運営株式会社Match Group
感想男性が「唯一無料」で出会えるアプリ
顔面偏差値が高い

Tinderは20代を中心にした、遊びやデート用のマッチングアプリです。

  1. 無料
  2. メッセージが少なくすぐに会える
  3. 登録者は未公表だが知名度はペアーズと同等

Tinderの特徴は男性が完全無料で会えることです。

地方で使えるかは微妙なラインですが、無料なので入れて損しません。

Tinder

Tinder
Match Group, LLC
3.6

評判・口コミはコチラ>

\ 無料で出会える! /

ティンダーをダウンロード

※登録無料、R-18

 

 

マッチングアプリを地方・田舎で使うときのコツ4つ

マッチングアプリomiaiを使って運命の人と会おう!

地方や田舎でアプリを使うときのコツは4つです。

 

①:オンラインデートや通話機能

ビデオデートや通話機能を有効活用しましょう。

マッチングアプリは電話・ビデオ通話が使えます。

※使えないアプリもあります。

もちろん料金は無料です。

 

 

地方は検索範囲を広くしないと出会えません。

せっかく初デートできても写真詐欺やイメージと違うと最悪です。

そこでビデオ通話を使うと、会ったときに近い印象を事前に知れます。

マッチングアプリで電話・通話を使うべきか?【誘い方、話題、電話後】

 

 

②:1ヶ月の短期プランを使う

地方ユーザーが課金するときは1ヶ月プラン1択です。

なぜなら地方で3ヶ月使うと、相手がいなくなるためです。

  • 「この人は見たことがある。」
  • 「新しい人が全くいないぞ。」
  • 「長くプランを買いすぎた。」

 

 

具体的にマッチングアプリの地方ユーザーを1県紹介します。

長野県にいる3日以内ログインのアクティブ女性会員数です。

アプリ名アクティブ会員数
20代女性
アクティブ会員数
30代女性
Pairs(ペアーズ)2,186人1,387人
タップル885人652人
with880人365人
ユーブライド32人9人

 

 

アプリごとにアクティブ利用者が違います。

地方はアクティブ利用者が頻繁に変わりません。

そのためまずは1ヶ月の短期プランで様子を見るべきです。

6ヶ月プランにして5ヶ月何もしなかったらムダ金です。

ひろと
むしろ最初は無料登録して検索だけでOK。

 

 

③:アクティブ会員の多いアプリ

地方はアクティブ会員が多いアプリを使いましょう。

上でも紹介しましたが、長野県の3日以内のアクティブユーザーです。

アプリ名アクティブ会員数
20代女性
アクティブ会員数
30代女性
Pairs(ペアーズ)2,186人1,387人
タップル885人652人
with880人365人
ユーブライド32人9人

 

 

アプリごとに数倍〜数百倍の差があります。

「アクティブな会員がどれだけいるか」が大切です。

 

 

もし同じ都道府県に異性が5人だと無意味ですよね。

しかも料金は他の都道府県と同じです。

そのため地方はアクティブユーザーの会員数が大切です。

※アクティブユーザーは会員数に比例します。

 

 

④:距離表示のあるアプリ

相手と距離検索できるアプリもおすすめです。

地方は距離があるので、都内のように行きません。

 

 

しかし距離検索を使えば事前にある程度の遠さがわかります。

会う約束をして出会えないことはありません。

田舎は距離が遠い可能性があるので嬉しい機能です。

 

 

マッチングアプリを地方や田舎で使うメリット5つ

メリット

地方や田舎でアプリを使うメリットは5つです。

 

①:地方や田舎の出会いは限られる

地方や田舎は出会いの場所が限られます。

なぜなら街コンや婚活パーティが頻繁に開催されないからです。

開催されても距離が遠く行きにくいです。

 

 

地方はオフラインの恋愛イベントが基本ありません。

そのためオフラインの出会いは3つに絞られます。

  1. 職場
  2. 大学
  3. 友人の知り合い

 

 

しかしオフラインの出会いは身近な人の影響を受けます。

年齢が上がれば身を固める人が多く、困難になるでしょう。

そのため友人の紹介も期待できません。

ひろと
実際地方は20代中盤で結婚する人も多い。

 

 

しかしマッチングアプリなら多少離れてもアプローチできます。

事前に相手との相性もわかるので面倒な移動も減らせます。

【話題】マッチングアプリで付き合う確率は〇〇%!?【街コンより多い】

 

 

②:恋愛や婚活がバレない

地方は人との関係が親密になりやすいです。

私が地方に住んだときもご近所さんとの関係が重要でした。

 

 

さらに嫌なことは、情報が筒抜けになることです。

  • 「〇〇さんは恋人と喧嘩中らしい。」
  • 「〇〇さんと〇〇さんの子供が付き合っているみたい。」

田舎で身近な人と付き合うと悪い噂もすぐに広まります。

 

 

普段の生活で近所付き合いは大切です。

しかし恋愛で近所の視線を気にするはデメリットしかありません。

男性
噂もすぐに立つし面倒だな。

田舎の恋愛はしがらみも多く面倒です。

 

 

  1. 頻繁に恋人候補の紹介を頼む
  2. 合コンする

すぐに恋人探し中や婚活中とバレます。

 

 

しかしアプリなら話は別です。

ネットでやりとりするので、近所に知られずに進められます。

身バレ防止機能もあるので、安心して出会いを探せますよ。

 

 

 

③:事前に場所を確認できる

地方だと心配なのが「会える距離なのか?」ですよね。

マッチングアプリは地方だと市町村まで入力できます。

そのため事前に会える距離かわかります。

 

 

婚活パーティーやオフラインの出会いは開催場所が固定です。

そのため遠くから車で行く人も多いでしょう。

女性
この人いいかも。

街コンで見つけても距離が遠く車で5時間はよくあります。

しかしマッチングアプリなら事前に市町村がわかるので大丈夫です。

ひろと
距離検索もあるよ。

 

 

④:ライバルが少ない

地方だとアプリはライバルが少ないので簡単に会えます。

都心は登録者が多く出会える可能性は高くなります。

しかしライバルも多く厳しい戦いが必要です。

 

 

  1. 年収1,000万以上の男性
  2. 圧倒的な容姿を持つイケメンや美人
  3. 一流企業に務める人

圧倒的なスペックを持つ人が多くいます。

都心だと現実問題、「多数のモテる人」と競争しなければいけません。

 

 

しかし地方ならライバルも少なめです。

  1. 人よりも多少いい年収
  2. 公務員や安定した収入
  3. 年齢が多少若い

些細なことで有利に進められます。

 

 

地方は登録者数が都心に比べると少ないです。

しかし競争率で見たときに都心より楽に会えます。

そのため都心よりもマッチングアプリですぐに出会えます。

関連マッチングアプリはオワコン!言われる理由7つ

 

 

⑤:出会いを大切にしやすい

地方は出会いが少ないので、恋人になりやすいです。

都心は多くの出会い方があります。

  • 相席居酒屋
  • 街コン
  • 合コン
  • パーティ

 

 

都内は恋愛イベントが多すぎて、恋人を作りたい気持ちは薄れます。

女性
1回会ったら、もういいや。

多くの人を見るため、1人と薄い関係しかできません。

 

 

しかし地方は出会いが少ないです。

そのため1つ1つの出会いを大切にします。

 

 

人数の関係でマッチングは確かに少ないかもしれません。

しかし出会いを大切にする人が多いため、コールは都心よりもしやすいです。

 

 

マッチングアプリを地方・田舎で使うデメリット2選

デメリット

地方や田舎で使うデメリットは2つです。

 

①:都心に比べて登録者が少ない

登録者が少ないのは田舎のデメリットです。

利用者が少ないと登録しても相手がいません。

 

 

対処法は2つです。

  1. 登録者多いアプリを使う
  2. 無料登録でどれだけいるか確認する

 

 

マッチングアプリは登録無料です。

検索は無料で使えます。

そのため「自分の地域にいる利用者」を確認しましょう。

登録だけなら5分で終わります。

 

 

②:会うときに距離が遠い

相手との距離が物理的に遠いこともデメリットです。

アプリはプロフィールで居住地、都道府県がわかります。

しかし都道府県がわかっても、地方は厳しいです。

 

 

例えば北海道なら札幌と釧路で全く場所が違います。

関東や関西に例えると数県以上、離れています。

 

 

地方は人が分散するので、車で2時間以上も普通です。

男性
せっかくやりとりしたのに距離が遠くて会えない。

物理的な距離が障害になりやすいです。

 

 

女性
じゃあアプリは意味ないじゃん。

距離検索や市町村まで掛けるアプリがあります。

アプリの機能を使えば相手との物理的な距離がわかります。

そのため問題ありません。

 

 

マッチングアプリを地方・田舎で利用するコツのまとめ

結論

本記事では、マッチングアプリの地方利用について、解説してきました。

重要なポイントをおさらいすると下記のとおりです。

 

ポイント

  1. 地方や田舎は利用者の少ないアプリが多い
  2. アクティブ会員数が多いアプリなら会える
  3. ペアーズタップルTinderは田舎でも会いやすい

 

地方や田舎でアプリを使うときは、会員数を見ましょう。

アクティブ会員が少なすぎると出会えないので注意です。

 

【会える】ペアーズ(Pairs)の返信メッセージ頻度とタイミングのコツ
【会える】ペアーズ(Pairs)の返信メッセージ頻度とタイミングのコツ
【例文】ペアーズの最初メッセージで失敗しない6つのコツ【Pairs】

関連記事

  • この記事を書いた人

ひろと

「有名サイトと書いてあることが違う。」
アプリを初めて知った現実
本質情報を発信する情報サイトです

誰かの参考になれば嬉しいなと思って始めました
悩みは「カラオケで60点代」です

-マッチングアプリ
-, ,

© 2021 マッチおーる