with(ウィズ)

with(ウィズ)強制退会の対処法はある?再登録で復活できる?

こんな悩みを持つあなた向けの記事

悩み
強制退会させられた。
悩み
復活できる?

このような悩みを解決します。

 

簡単な結論

  1. withの強制退会から復活する方法はない(一時停止ならある)
  2. アカウント停止する理由は「規約違反」
  3. withに操作が似たペアーズか完全無料のTinderがおすすめ

本記事では「with(ウィズ)の強制退会」を紹介します。

 

✅執筆者紹介:ひろと(@nepu_nosuke)

  • アプリ3年目(ペアーズwithTinderなど)
  • 恋人を4回作った経験あり(体験をもとに説明)
  • もとは異性と地面を見ながら話す(誰でも再現できる方法)

3年withを使用している私が、強制退会を徹底解説します!

 

with(ウィズ)で強制退会させられたときの対処法

withで強制退会されると、ログインすらできなくなります。

今までのメールアドレスやFacebookを使ってもマイページは見られません。

とは言えwithを使いたい人もいるはずです。

 

 

結論から言うとwithに再登録できません。

男性
違う登録方法なら再登録できるらしいよ。

一部では違う登録方法を使えば再登録できる情報があります。

しかしこの情報は間違いで、アカウント停止されるので使えません。

 

 

仮にしばらく使えてもwithはメッセージ前に身分証を提出します。

身分証を出す本人確認で、NGを食らってメッセージできません。

そのため結局時間を使うだけムダということです。

 

 

男性
でもwithを使いたい・・・。

withとは違いますが操作性の似たペアーズや少しライトなTinderがオススメです。

ペアーズはwithと操作が同じかつ登録者層も似ていて3倍以上います。

Tinderはwithよりも遊び色が強めです。

そのためTinderの場合は多少の下ネタなどもバンされません。

 

 

他にも

  1. 使い方がwithと同じ(ペアーズ)
  2. 男性完全無料でメッセージできる(Tinder)
  3. キャンペーンあり(ペアーズ)

など2つとも始めやすいマッチングアプリです。

withを強制退会で使えなくなったらお試ししてみましょう。

Tinder

Tinder
Match Group, LLC
3.6

評判・口コミはコチラ>

\ 無料で出会える! /

ティンダーをダウンロード

※登録無料、R-18

 

 

 

with(ウィズ)で強制退会になる7つの理由

withで強制退会になる理由は利用規約違反です。

頻出の規約違反は以下の7つです。

具体的に紹介します。

 

①:迷惑行為

第6条 禁止事項

公序良俗に反するものや、他人の権利を侵害し、または他人の迷惑となるようなもの

引用:with利用規約

 

 

with内で迷惑行為すると通報されて強制退会です。

  1. デートのドタキャン
  2. 必要以上の追撃など

迷惑行為は通報項目にもあるため、利用規約違反に該当します。

 

 

当たり前ですが1人だけの通報では、強制退会になりません。

しかし複数人から通報があると強制退会になります。

 

 

②:業者・勧誘

第6条 禁止事項

無限連鎖講およびマルチ商法またはそれに類するもの及び何らかの宗教に勧誘する行為

引用:with利用規約

withは業者(マルチ商法)や勧誘を禁止しています。

 

 

  1. 宗教の勧誘
  2. 外部誘導のURLする悪質業者
  3. アムウェイなどのマルチ商法

業者や勧誘でマッチングアプリによくいる3つのタイプです。

 

 

withのサービスは「恋人を作ること」です。

マルチ商法や宗教勧誘などのビジネス目的で使ってはいけません。

 

 

③:高校生or18歳未満

第6条 禁止事項

18歳未満(高校生を含む)の者が会員登録する行為

引用:with利用規約

 

 

高校生や18歳未満の利用をwithは禁止しています。

身分証明などでメッセージはできないような仕組みですが、親の身分証などを使う人もいるようです。

 

 

④:既婚者・恋人持ち

第6条 禁止事項

独身ではない者(恋人がいる場合、別居中や離婚協定中を含む)が会員登録する行為

引用:with利用規約

withは既婚者・恋人持ちの利用を禁止しています。

 

 

しかしwithには独身証明書などの提出がありません。

そのため既婚者がこっそり使っている可能性もあるわけです。

また恋人がいる男女も同様、客観的に見分ける方法がありません。

 

 

⑤:性的な発言

第6条 禁止事項

本人の性的な好みなどを投稿する行為および肉体関係を目的として本サービスを利用する行為

引用:with利用規約

性的な発言や肉体目的の利用も規約で禁止されています。

 

 

シモネタなどで何回も通報されると強制退会です。

普通に利用すれば強制退会になる心配はありません。

 

 

⑥:パパ活など金銭目的

第6条 禁止事項

会員間で金銭のやり取りをする行為

引用:with利用規約

withは金銭目的の利用(パパ活や売春など)を禁止しています。

金銭目的の場合、通報されると一発強制退会です。

 

 

パパ活の場合、ぼかして募集する人もいます。

「経済力のあるおじさま募集」などの文言は有名ですね。

もちろん通報が貯ればすぐに強制退会されます。

 

 

⑦:相手の誹謗中傷

第6条 禁止事項

他の会員に対する誹謗中傷

引用:with利用規約

普通に使えば問題ありませんが、相手への暴言で強制退会もあります。

 

with(ウィズ)で強制退会になると再登録できない

最初に紹介しましたが、強制退会後に再登録はできません。

もし再登録できても、身分証明の本人確認で弾かれます。

 

 

そもそも強制退会になると、ブラックリストに入ります。

そのためwith以外のアプリを使うべきです。

>>Tinderに登録する

 

 

with(ウィズ)の強制退会についてよくある質問【Q&A】

よくある強制退会の質問をまとめました。

 

強制退会のアカウントはどうなる?

強制退会後はアカウントが完全に削除されます。

もちろんログインもできずメッセージもできません。

 

 

残り課金(有料会員)はどうなる?

強制退会されると、残り分の返金はされません。

例えば12ヶ月プランを購入して、利用2ヶ月で強制退会されたら10ヶ月分は返金されません。

 

 

なぜなら利用規約に「返金はなし」と明記されているためです。

当社は返金や利用機関の日割り計算による精算は、原則として行わないものとします。

引用:with利用規約

 

 

また強制退会後は、自動更新される可能性があるため注意しましょう。

「iPhone決済」「Android決済」は自動更新があるので、別途自分で止めるないと引き落とされます。

関連【簡単】画像でわかる!タップルの退会方法【自動更新には注意】

ひろと
クレジット決済は自動で止まる。

 

 

アカウント停止・強制退会はよくある?

普通に利用すれば強制退会はありません。

なぜなら複数回の通報で、退会対象になるためです。

with運営も審議が不明なままアカウント停止しません。

そのため通報回数が多かったり、絶対的な証拠がない限りは強制退会されません。

 

 

まとめ:with(ウィズ)で強制退会・アカウント停止は諦める

本記事では、with(ウィズ)の強制退会を、解説しました。

重要なポイントをおさらいすると下記のとおりです。

 

ポイント

  1. withの強制退会から復活する方法はない(一時停止ならある)
  2. アカウント停止する理由は「規約違反」
  3. withに操作が似たペアーズか完全無料のTinderがおすすめ

 

強制退会は復活できません。

そのため別アプリで代用しましょう。

 

人気記事【最新】マッチングアプリおすすめ人気ランキング10選【目的別】

人気記事【最新】男性が出会えるおすすめマッチングアプリ12選

関連記事

  • この記事を書いた人

ひろと

「有名サイトと書いてあることが違う。」
アプリを初めて知った現実
本質情報を発信する情報サイトです

誰かの参考になれば嬉しいなと思って始めました
悩みは「カラオケで60点代」です

-with(ウィズ)
-, ,

© 2021 マッチおーる