マッチングアプリ

マッチングアプリで恋人を作れる成功率は?

こんな悩みを持ったあなた向けの記事

悩み
恋人が作れるデータを知りたい。
悩み
具体的に何%なの?
悩み
成功するために知るべきコツは?

このような悩みを解決します。

 

本記事では「マッチングアプリの成功率」を紹介します。

 

✅執筆者紹介:ひろと(@nepu_nosuke)

  • アプリ3年目(ペアーズ、with、Tinderなど)
  • 恋人を4回作った経験あり(体験をもとに説明)
  • もとは異性と地面を見ながら話す(誰でも再現できる方法)

3年アプリを使用している私が、恋人ができる成功率を徹底解説します!

 

マッチングアプリで恋人を作れる成功率は?

結論から紹介します。

  • アプリで恋人ができる確率は約40%
  • 何もせずに待つだけでは成功しない
  • 失敗→改善→失敗→改善・・が基本

 

 

マッチングアプリで恋人ができた成功率の調査結果を3つ紹介します。

最初にマクロミルが実施したアプリの調査結果を紹介します。

  • 調査人数→全国20〜49歳の男女1,000人
  • 調査日→2018年4月11日〜4月12日
  • 調査方法→インターネットリサーチ

 

 

マッチングアプリで付き合った人のデータ

恋人関係が30.6%、結婚した人が7.7%います。

結婚も恋人関係の延長です。

つまり恋人になった人は38.3%います。

 

 

 

次にマッチングエージェントが調査した結果です。

  • 調査人数→全国20〜49歳の男女500人
  • 調査日→2017年9月8日〜9月14日
  • 調査方法→インターネットリサーチ

 

 

マッチングアプリの成功率のデータ紹介

恋人ができた人は30%、結婚した人は8%います。

つまり恋人になった人は38%です。

 

 

たろう
見つけやすい人に傾向があるね。
  • 男性→30歳〜34歳
  • 女性→全体的に見つかる

年齢別に恋人ができる人にも傾向があります。

 

 

最後にトリコイが調べた調査結果です。

  • 調査人数→全国20〜49歳の男女1,644人
  • 調査日→2019年12月16日〜12月18日
  • 調査方法→インターネットリサーチ

 

 

マッチングアプリの成功率のデータ

恋人ができた女性は43.9%・男性は38.6%です。

一番高めの数字になっています。

 

 

以上の調査結果3つをまとめます。

 

  1. マクロミル→38.3%
  2. マッチングアプリエージェント→38%
  3. トリコイ→41.2%
ひろと
40%前後に収まります。

 

 

マッチングアプリの成功率を上げるコツ

たろう
アプリで成功率を上げるコツは?

結論から言うとアプリの基礎知識を付けることです。

  • 恋人ができるまでの平均期間→4ヶ月
  • 恋人ができるまでに会う数→6.1人

この2つをまず知りましょう。

知らないと「すぐに恋人ができない。」と感じ1ヶ月でやめます。

 

 

他に必要なことは気持ちの持ち方です。

アプリは入れ込み過ぎても、適当すぎても失敗します。

 

 

以上を踏まえて成功率を上げるコツは4つです。

 

①:原因の確認と改善

マッチングアプリで成功例にいくまでの流れ

成功率を上げるためには、どこでうまくいかないかを知る必要があります。

アプリは改善しないと次のステップに進めません。

普通恋愛と同じです。

 

 

誰かに好かれたいなら、努力が必要です。

アプリでつまずくことは3つです。

  • マッチング→顔写真・自己紹介
  • メッセージ→話題・早めに会う
  • 2回目ができない→アプリとのギャップ

それぞれ改善が必要です。

 

 

マッチングしない

マッチングしないのは顔写真と自己紹介が原因です。

まず顔写真を変えましょう。

 

 

写真のコツです。

  1. 笑顔の写真
  2. ハッキリと写っている
  3. 顔がアップになりすぎない
  4. おしゃれな異性ウケする写真

もし写真がないときは下記を参考にしてください。

【必見】友達がいなくても1人で写真を用意するコツ3選【マッチングアプリ】

 

 

自己紹介もマッチングに関係します。

どんなにいい写真でも自己紹介が「よろしく。」だけならダメです。

自己紹介はいいねが多い人を真似しましょう。

いいねが多いのは異性ウケする自己紹介だからです。

女性プロフィール(自己紹介文)の書き方【いいね1000の例文】

【男性向け】マッチングアプリのプロフィール例文・書き方【いいね倍増の自己紹介】

 

 

メッセージが続かない

アプリでメッセージが続かないのは普通です。

  • マッチング→100人
  • 会える→10人

10%程度しか会えません。

 

 

原因は同時進行で簡単にフェードアウトできるためです。

他異性ともやりとりするため優先順位が低いとスルーされます。

 

 

対策は話題と早めに会うことです。

メッセージでダラダラやりとりを続けてはいけません。

「つまらない」と思われて既読スルーされます。

【例文】メッセージに使える話題・内容がない!マッチングアプリのコツ

【実証済み】マッチングアプリで会うまでの期間は2週間【緊張も解けていいアポになる】

 

 

2回目デートができない

アプリと現実のギャップが原因です。

  1. 体型
  2. 顔写真
  3. 雰囲気
  4. 会話のテンポ

よくある理由です。

 

 

会話や雰囲気は事前に電話すれば対策できます。

電話は生声が聞けるので、会う前からデートに近い印象を与えられます。

そのため事前に電話すると2回目デートがしやすいです。

 

 

体型や顔写真を盛りすぎなときは変えてください。

いつまでも2回目に繋がりません。

確かに会いやすくなります。

しかし恋人ができないなら本末転倒です。

なぜマッチングアプリで会った後にフェードアウトされるか?【勇気を出そう】

 

 

②:恋人ができるまでの平均期間

恋人ができるまでの平均期間は4ヶ月です。

あくまで平均なので、もっと時間が必要な人もいます。

アプリは始めてもすぐに辞める人が多いです。

 

 

特に女性はすぐにやめます。

女「恋人できない。アプリはクソ。」

女「アプリは成功しない。」

よく聞きますが、平均期間すら利用しないので当然です。

4ヶ月は最低必要だと頭の片隅に入れましょう。

 

 

③:恋人ができるまでの必要数

会う人数

恋人ができるまでに会う人数は約6.1人です。

マクロミルが出した調査結果です。

男性は早めに恋人を作ります。

 

 

会う人数が多い理由は、比較するためです。

同時進行は付き合うまでOKです。

そのためデートも複数人とします。

 

 

デートで「いいな。」と思った人と交際です。

他の人と比較するため、会う人数は多くなります。

マッチングアプリ同時進行はいつまでOK?平均何人?

 

 

④:適度に距離を取る

適度にアプリと距離を取りましょう。

アプリを始めてすぐ辞める人は入れ込み過ぎます。

アプリ第一の生活を送る人もいますが、不要です。

なぜなら入れ込みすぎるとしんどくなるためです。

 

 

アプリは使いすぎるとメッセージが面倒になります。

なぜなら初対面だからです。

思いの外、メンタルが削られます。

 

 

「アプリの返信がしんどい・面倒。」

「アプリを開きたくない。」

入れ込みすぎると病む一歩手間まで行きます。

アプリばかりせず、適度な距離感で利用しましょう。

【実証済み】マッチングアプリで疲れた原因と男女別対策【しんどい・病むひともいる】

 

 

まとめ:マッチングアプリの成功率は40%

結論

本記事では、マッチングアプリの成功率を、解説しました。

重要なポイントをおさらいすると下記のとおりです。

 

ポイント

  1. アプリで恋人ができる確率は約40%
  2. 何もせずに待つだけでは成功しない
  3. 失敗→改善→失敗→改善・・が基本

 

アプリの成功率は40%で意外と高めです。

成功するためにはデータを押さえましょう。

その上でメッセージやデートに向けた準備が必要です。

 

マッチングアプリLINE(ライン)交換の全情報まとめ
マッチングアプリLINE(ライン)交換の全情報まとめ
マッチングアプリのデートできる誘い方大全【例文網羅】
マッチングアプリのデートできる誘い方まとめ【例文網羅】

関連記事

  • この記事を書いた人

ひろと

「有名サイトと書いてあることが違う。」
アプリを初めて知った現実
本質情報を発信する情報サイトです

誰かの参考になれば嬉しいなと思って始めました
悩みは「カラオケで60点代」です

-マッチングアプリ
-,

© 2021 マッチングアプリ完全攻略TV